トップ > 市場の動向

市場の動向の記事一覧

本当に景気は底入れしたのか?

最近、日経平均が9000円台を伺う状況になり、米ダウ平均も上昇基調にある。そのせいか、経済学者の森永卓郎氏が「3月で景気は底入れしたのでは?」的なことを言い出している。基本的に経済学者の言うことは、まったく当てにならないと思っているが、この段階で、景気底入れを予測するのはあまりに楽観的な気もする。森永氏は、さまざまな指標がプラスになっていることや、アメリカ経済がつるべ落としの状態から復活しつつあるこ…

【本当に景気は底入れしたのか?の続きを読む】

アメリカの復活はいつのことか・・・

ダウが7000ドルを割り込み、それに引っ張られて日経平均も7000円目前まで落ち込んでいますね。シティバンクの実質国有化や、AIGグループへの追加支援、バイアメリカン条項、オバマの無責任なバラマキ政策・・・アメリカがかつてのような資本主義国家のチャンピオンに返り咲くのはまだまだ遠そうです。ココから引用(NIKKEI NET)米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は3日、上院予算委員会での証言で、米保険大手アメリカ…

【アメリカの復活はいつのことか・・・の続きを読む】

日経平均は7800から8200のボックス

日経平均株価が安い。今が買い時!と考える人もいるだろうし、逆に底は打っていない!と慎重になっている人もいることでしょう。僕は、毎日の日経平均の推移を記録しています。日経平均先物ミニを取引する前提で、相場を見ているわけですが・・・1月半ばから2月前半は、8200円当たりを上限、7800円を底にボックス相場を形成しています。シュミレーション上では、かなり儲かっています。僕が考えて、試しているやり方だと、ボック…

【日経平均は7800から8200のボックスの続きを読む】

GMが破産法申請の可能性も・・・

米大手自動車メーカー3社、いわゆるBIG3のひとつ、ゼネラル・モーターズが破産法申請の可能性をほのめかしている。NIKKEI NETより引用経営難から政府支援を要請中の米ゼネラル・モーターズ(GM)で、複数の取締役が米連邦破産法の申請も含めた抜本策の検討に前向きになっていることが明らかになった。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が22日報じた。GMは破産法による再建について「選択肢にはない」と説明し…

【GMが破産法申請の可能性も・・・の続きを読む】

株は底打ちしたのか?

ここ最近の相場を見ていると、なんとなく持ち直したような感じがしています。個人的にはもっと大荒れを予想していたので、ちょっと期待はずれです。ことに為替は妥当な水準にどんどん近づいてきているようです。さすがに1ドル90円の壁は厚かったようですね。ユーロも1ユーロ=130円くらいまで戻してしまって、外貨MMFの追加購入タイミングをはかっていたのに、空振りに終わりました。まだまだ円高水準なので今のタイミングで買っ…

【株は底打ちしたのか?の続きを読む】

アメリカも日本も10000で大騒ぎ

昨夜のダウ平均が1万ドル割れに続き、日経平均株価も前場で一万円を割った。その後、若干買い戻されて日経平均は10,155.90円だった。持ち直したところから考えて、1万円が一種の壁になる可能性がある。とはいえ、米市場の動き次第では、あっさり1万円を割り込む可能性も捨てがたい。要するに、どうなるかさっぱりわからない。不安が不安を呼んでパニックに陥ると、予測もつかない状況が起こるわけで。ソロスの言う「再帰性」…

【アメリカも日本も10000で大騒ぎの続きを読む】

日経平均1万円割れ目前

今日、日経平均が大きく続落。465円下げ、1万500円を割り込んだ。うん。一万円を割るのも目前では内科と思う今日この頃。経済学者どもが今ごろになって、「アメリカ型経済の終わりだ!」「行き過ぎた市場原理主義の瓦解だ!」「新自由主義経済は詐欺だ!」と大騒ぎしていて見苦しいことこの上ない。ちょっと前まで、欧米を見習って日本人も金融を勉強しなければダメだ!と叫んでいた連中はいつの間にか、日本のモノづくり…

【日経平均1万円割れ目前の続きを読む】

なんかエライことになってきたぞ。

米国株、ダウ777ドル安――過去最大の下げ幅、ナスダックは2000割れなんかえらいことになってきたぞ。この後、米上院でどんな判断が下るかわからんけど、ひょっとしたらアメリカは自分の死刑執行命令にサインしたのかもしれない。与太話だと思っていたアメリカ発の世界恐慌が急速に現実味を帯びてきたような気がする。それにしても・・・>税金による金融機関の救済への国民の反発は強く、11月の選挙を控え、世論に敏感になっ…

【なんかエライことになってきたぞ。の続きを読む】

MMFですら危うい

投資をする人ならば誰でも知っているし、少しは持っている金融商品がMMF。マネー・マーケット・ファンドだ。MMFは主に信頼性の高い短期債を組み込んだファンドで、高い利回りやインデックスとの一致ではなく、元本割れを起こさないことを目標に運営されるファンド。普通に考えたら面白みのない金融商品だが、証券会社に投資にまわす資金を振り込んだ際に、”とりあえず”買っておくファンドとして利用することが多い。特に…

【MMFですら危ういの続きを読む】

米証券大手リーマン・ブラザーズ破綻

アメリカ証券大手のリーマン・ブラザーズが経営破たんした。以前からFRBや米財務省が救済に動き、それにあわせて株価も急降下していたので、「ああ、だめだったか・・・」という感じではある。少なくとも青天の霹靂といったかんじではない。以下、NIKKEI NETより引用経営難に陥っていた米4位の大手証券リーマン・ブラザーズは15日未明、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を裁判所に申請すると発表した。一方、…

【米証券大手リーマン・ブラザーズ破綻の続きを読む】

世界経済減速中・・・

世界経済の減速がますます際立ってきた。以下、NIKKEI NET(2008/9/4)より引用国連貿易開発会議(UNCTAD)は4日発表した2008年版貿易開発報告で、世界の実質経済成長率が08年は2.9%に減速するとの予測を発表した。07年の実績見込みより0.9ポイント低い。商品価格の上昇に伴うインフレ圧力、サブプライムローン問題による金融不安などが理由で、「09年の見通しにも影を落としている」という。 先進国の成長率は日本が1.4%…

【世界経済減速中・・・の続きを読む】

相場を読んで、儲けることは・・・

相場を読む。相場を予測する。表現はどうでもいいのですが、タイミング投資をしている投資家にとって、相場の行く末を知ることは非常に重要です。相場を完璧に読めれば、100発100中。一瞬にして大金持ちになれるからです。しかし、経済予測ほど当たらないものはありません。経済学者と呼ばれるおっさんが、よく今後の日本経済の状況や株価を予測していますが、まともに合っているのを見たことがありません。プロ野球解説者のペナ…

【相場を読んで、儲けることは・・・の続きを読む】

セミと日本株

暑いですねえ・・・今日もじっとしていても汗がタラタラ・・・。しかも、毎日飽きもせずにセミがジイジイジイジイジイうるさいうるさい。田舎住まいなので、セミが多いんです。それにしても、セミってなんであんなに鳴くんですかね?セミは幼虫時代のほとんどすべてを地中で暮らし、太陽の下に出てきてからは数日の命しかないんですよね。命が短いからあんなに一生懸命なくのか、それとも、あまりになきすぎるから早死にするのか…

【セミと日本株の続きを読む】

黄金の羽根を探せ!負け組のための海外インデックス投資術について

目指せ!金融資産一億円!
人生負け組まっしぐらの私が最後に勝つための海外投資術とは?インデックスファンド・ETF・FX・指数先物取引etc

プロフィール
名前:マルキール
一言:勤めていた会社はつぶれ、現在零細自営業。忙しいばかりでちっとも儲からない典型的な負け組です。
しかし!
海外投資で人生大逆転を目指して、日々精進しております。

ブログタイトルは、私の愛読書、
「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」からいただきました。

人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
ポチッと応援お願いします。

最近の記事
検索
 
カテゴリ
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
ivedoorリーダーに登録
はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。