トップ > 投資戦略

投資戦略の記事一覧

正月気分も抜けたところで、基本から考える

さて1月も半ばということで、いいかげんお正月気分も抜けたのでは?え?遅い?それは失礼いたしました。僕はお正月気分が抜けた今、基本的なことを考えています。それは、自分にとって投資とは何か?ということ。「そんなの資産を増やすことに決まってるじゃん」と思いますよね。確かにそのとおりなのです。ですが、いったい自分がどのようになりたいのか?どんな人間なのか?ということを真面目に考えて投資行動を起こしていな…

【正月気分も抜けたところで、基本から考えるの続きを読む】

2009年は、地獄か救いの道か

さて。2009年が明けてしまいました。2008年は散々な目に合った人も多いと思います。(僕も含めて)そんな経験からも2009年はなんとか明るい年にしたいなあと思っているでしょうね。ま、手っ取り早く言えば、儲けられないかなあって。じっくり読んだわけではないですが、新聞やら雑誌やらその他様々な情報源を見ていると、「2009年前半は低迷するが、後半から景気は持ち直し回復する」という論調が主流のようです。特に証券会社や…

【2009年は、地獄か救いの道かの続きを読む】

債券クラスをどう考えるか

アセット・アロケーションについて考える場合、必ず引き合いに出されるのが資産三分法だ。つまり、資産を株式・債券・土地の3つに分けて持つようにするというもの。その目的は簡単なこと。『卵は同じ籠に盛らない』つまり、一つのアセットクラスに集中して投資する危険性を避け、安定した資産運用を目指すため。とはいえ、たいした資産も持たない個人投資家にとって資産三分法を実践するのは難しい。とくに土地に投資するのは素…

【債券クラスをどう考えるかの続きを読む】

ダイヤモンド ZAI(ザイ)2008年9月号を読んで

最近、マネー誌でも時折取り上げられるようになった、インデックスファンドなどを利用した海外投資。今回読んだダイヤモンド ZAi (ザイ) 2008年9月号では巻頭特集として、『ゴミ投資家が300万円から1億円作る!金持ち投資 貧乏投資』が取り上げられています。”ゴミ投資家”の文言から想像できる通り、監修は橘玲氏。その内容といえば、橘氏の著書「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」の要約というのもためらわれる程度のもので…

【ダイヤモンド ZAI(ザイ)2008年9月号を読んでの続きを読む】

黄金の羽根を探せ!負け組のための海外インデックス投資術について

目指せ!金融資産一億円!
人生負け組まっしぐらの私が最後に勝つための海外投資術とは?インデックスファンド・ETF・FX・指数先物取引etc

プロフィール
名前:マルキール
一言:勤めていた会社はつぶれ、現在零細自営業。忙しいばかりでちっとも儲からない典型的な負け組です。
しかし!
海外投資で人生大逆転を目指して、日々精進しております。

ブログタイトルは、私の愛読書、
「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」からいただきました。

人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
ポチッと応援お願いします。

最近の記事
検索
 
カテゴリ
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
ivedoorリーダーに登録
はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。