トップ > 投資関連書籍 > 「さらばアメリカ」「世界連鎖恐慌の犯人」を読みました。

「さらばアメリカ」「世界連鎖恐慌の犯人」を読みました。

大前研一氏の「さらばアメリカ」と堀紘一氏の「世界連鎖恐慌の犯人」を読みました。





堀氏の「世界連鎖恐慌・・・」は今回のサブプライム発の経済的混乱の構造や原因について噛み砕いて書かれた作品、大前氏の「さらばアメリカ」はもう少し大きな視点で、今般の経済崩壊後のアメリカがどうなっていくかを論じた作品です。


両氏に共通するのは、アメリカの有名大学を卒業して、アメリカの大手コンサルティング会社のトップに登りつめたというキャリアでしょう。(大前氏はマッキンゼー、堀氏はボストンコンサルティンググループ)その二人の論調というのが、これまたよく似ている。


「だからいわんこっちゃない。オレがあれだけおかしいって言ったのに。」
「オレがあれだけこのままでは危険だって論文書いたり、テレビでしゃべったのに・・・」


これです。


正直言って鼻につきます。二人ともIQ高いのは分かりますが、それをひけらかすようなエラソー視点が、ヒトによっては気持ち悪くかんじるでしょう。


しかも、二人とも、そんなに強く絶好調だったころのアメリカを非難してたかっていうと微妙なんですよね。


堀氏はそんなに追っかけていないのでわかりませんが、大前氏はちょっと前まで、キャッシュアウト(不動産価格の上昇を担保に資金を引き出すアメリカ人ならではの生活スタイル)を評価するような発言してたような気がするんですよね。「アメリカは金融の力で世界から資金を集めて、その力で繁栄している!日本も見習うべきだ!」そんな論調だったはずなんですけどねえ・・・


釈然としないところはあるのですが、読み物としては、どちらも面白く読めます。でもねえ・・・



スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク[clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク
人気ブログランキングに参加しています。
目指せ上位!ということで、ポチっとひとつお願いします!m(__)m

人気ブログランキングへ
黄金の羽根を探せ!負け組のための海外投資術の現在の順位はこちらから

| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関連書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

黄金の羽根を探せ!負け組のための海外インデックス投資術について

目指せ!金融資産一億円!
人生負け組まっしぐらの私が最後に勝つための海外投資術とは?インデックスファンド・ETF・FX・指数先物取引etc

プロフィール
名前:マルキール
一言:勤めていた会社はつぶれ、現在零細自営業。忙しいばかりでちっとも儲からない典型的な負け組です。
しかし!
海外投資で人生大逆転を目指して、日々精進しております。

ブログタイトルは、私の愛読書、
「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」からいただきました。

人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
ポチッと応援お願いします。

最近の記事
検索
 
カテゴリ
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
ivedoorリーダーに登録
はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。