トップ > ETF > 米経済さらに失速。今が仕込みどきかも。

米経済さらに失速。今が仕込みどきかも。

米経済の失速がさらい進むようだ。
サブプライムローン問題はこれで終わり。来年にはアメリカ経済は上昇に転ずる・・・そう予測する経済学者もいれば、これは終わりの始まりだ。さらに金融機関の大型破綻が発生して、世界恐慌に陥る・・・そう脅す経済学者もいる。


どっちが正しいかは誰にも分からないが、僕自身は、米経済の混乱は数年は続くと思っている。
世界恐慌ウンヌンは置いとくとして・・・。
アメリカ経済の主要産業はもはや自動車でもITでもなくて金融だと思う。アメリカの金融産業興隆の源泉は”ドルの信用”だったはず。
そのアメリカへの信用がここのところ劣化し続けている。信用倒れの連鎖。これは怖い。サブプライムローンが終わっても、プライムローン、モノラインと信用がらみの問題が今後も次々と起こる可能性は高い。


ということは、ここしばらくは、アメリカは買いということでもある。リスクは高いが、それを覚悟で今投資しておけば、アメリカが立ち直った時に大きなリターンを得られるかもしれない。


ETFの取扱を始めたマネックス証券で、米大手運用会社のバンガード・グループが米国のアメリカン証券取引所に上場しているETF(上場投資信託)2本が購入可能になるらしい。
そのETFは、
米国株式市場を広範囲にカバーする指数に連動する「バンガード・トータル・ストック・マーケット・ETF」(VTI)
米国の中小型株指数に連動する「バンガード・スモールキャップ・ETF」(VB)
の二つ。


このETF二つを押さえれば、米国株式市場を広くカバーすることができる。バンガードのETFは運用コストが低く、今後の米国ETFの主流になるかもしれない。


それにしても、なんだかんだ言って、結局アメリカで開発された金融商品を使わないと海外インデックス投資って成り立たないんだね・・・。


<関連ブログ>バンガードが10日付で米国株連動のETF2本を金融庁へ届出――近日中にマネックス証券で販売へ
バンガードETF、金融庁への届出を完了
バンガードが10日付で米国株連動のETF2本を金融庁へ届出――近日中にマネックス証券で販売へ
VTI・VBをマネックス証券で取扱い
バンガードがVTIとVBの金融庁届出を完了
バンガードVTI,VB金融庁届出完了!マネックスで販売へ
バンガードのETFが購入可能になるそうな

スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク[clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク
人気ブログランキングに参加しています。
目指せ上位!ということで、ポチっとひとつお願いします!m(__)m

人気ブログランキングへ
黄金の羽根を探せ!負け組のための海外投資術の現在の順位はこちらから

| Comment(0) | TrackBack(0) | ETF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106459001
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

黄金の羽根を探せ!負け組のための海外インデックス投資術について

目指せ!金融資産一億円!
人生負け組まっしぐらの私が最後に勝つための海外投資術とは?インデックスファンド・ETF・FX・指数先物取引etc

プロフィール
名前:マルキール
一言:勤めていた会社はつぶれ、現在零細自営業。忙しいばかりでちっとも儲からない典型的な負け組です。
しかし!
海外投資で人生大逆転を目指して、日々精進しております。

ブログタイトルは、私の愛読書、
「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」からいただきました。

人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
ポチッと応援お願いします。

最近の記事
検索
 
カテゴリ
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
ivedoorリーダーに登録
はてなRSSに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。